2019年度末の節税対策   資産の一括経費計上 数年前から適用されておりますスモービジネスの2万㌦以下の資産一括経費計上ですが、2019-20の予算案発表により、更に経費計上額が増え、資産一括償却の条件となっておりました、スモールビジネスの判断基準にも変更がありました。2019年度は期間よって適用基準が異なりますので、注意が必要です。   資産金額の変更 2019年1月28日まで:20,000㌦以下の資産一括計上可能 2019年1月29日~2019年4月2日:25,000㌦以下の資産一括計上可能 2019年4月2日~2020年6月30日:30,000㌦以下の資産一括計上可能   スモールビジネス判断基準の変更(一括償却のための基準) 2019年4月2日まで:売上10ミリオン㌦以下 2019年4月2日以降:売上50ミリオン㌦以下   上記に当てはまる場合、もし大きな資産購入予定がありましたら、6月30日までにご購入頂くことをお勧めいたします。   年金支払い 年金は実際の支払額のみが税務上の損金として計上されるため、お給与の入力で年金額を計上していても、支払わない限り損金として利益を減らすことはできません。 通常支払いが7月以降となってしまいがちな第4四半期の年金額を年度末の6月30日までに支払うことで、利益を減らす→法人税を減らすことが可能となります。 6月のお給与入力が終わってからすぐに年金のお支払いを手配されてみてはいかかでしょうか。[...]

Read More about 2019年度末の節税対策